vol.128 住宅ローン金利の仕組みと今後の動向

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「住宅ローン金利の仕組みと今後の動向」です。

------
今年、ついに日銀が17年ぶりに
マイナス金利を解除する運びとなりました。

これを受けて
住宅ローン金利が上がることになるため
返済に苦しむ人が増えるだろうという
ニュースをチラホラ目にするのですが、
果たして住宅ローン金利は
今後どのようになっていくのでしょうか。

というわけで今回は、
これから家を建てたいなーとお考えの方が
最も気になっていることであろう
「住宅ローン金利」について
お伝えしていきたいと思います。

vol.128simplenoteblog1.png

✔️住宅ローン金利は上がってしまうのか?

住宅ローンには変動金利と固定金利があるのですが、
今回の日銀のマイナス金利解除によって
全ての住宅ローン商品の金利が上がるのかというと
決してそんなことはありません。

というのも、変動金利と固定金利では
基準となる金利が違っていて
今回のマイナス金利解除の影響を受けるのは
固定金利だけだからです。

具体的な商品としては、
フラット35をはじめとして
各銀行が取り扱っている
全期間固定型の住宅ローンが1つ。
そしてもう1つが
当初10年間だけ金利が固定される
いわゆる「10年固定」と呼ばれている
住宅ローンです。

もちろん固定金利が上がれば、
少なからず変動金利も影響を受けて
上がりやすくなるのも
また一つの事実ではあるものの、
今後、変動金利が上がるとしても
まだまだ時間がかかることが予想されるので
(本当に景気が良くなるまで
変動金利は上がらないと思われます)
すでに住宅ローンを変動金利で組んでいる人が
返済が苦しくなるという報道は
まずあり得ないと思っている次第です。

vol.128simplenoteblog2.jpg

✔️これから家を建てる人はどうするべきか?

今回のマイナス金利解除を受けて、
全期間固定の住宅ローン金利は上がり
変動金利との差が1〜1.5%ほど生じるため、
全期間固定の住宅ローンは選択肢にくくなります。

全期間固定の商品は、
返済負担が上がるだけじゃなく
余分に初期費用としてお支払いする手数料が必要になるため
その分家にかけられる費用も減ってしまいますしね。

とはいえ、じゃあ変動金利がいいのかというと、
それはそれで「そうですね」とも
言いにくいのが正直なところです。

これから先の金利動向が
どうなるかは誰にも分からないし、
仮に変動金利の金利が
上がるような状況になった場合、
それから固定金利に借り換えしようとしても
商品の性質上、変動金利が上がる頃には
固定金利はずいぶん上がっているからです。

借り換えは、たとえ金利が下がり
返済負担が下がるとしても
都度、手数料や登記代といった
余分な手数料がかかることになるし、
団体信用生命保険への加入が必須となるので、
健康状態にも左右されますしね。

そんなわけで
全期間固定もオススメできないわけではありません。

もちろん、金利が高くなれば返済負担は上がるため、
それに合わせた予算設定も必要になってくるので、
これから家を建てようとお考えの方はそれも考慮した上で
資金計画を立てるようにしていただければと思います。

それでは、また次回。

vol.127 周辺環境を無視して間取りを考えていませんか?

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「周辺環境を無視して間取りを考えていませんか?」です。

------
vol.127simplenoteblog1.jpg

この分譲地のE〜Hは最も競争率が高い
南道路の日当たりがいい土地ですが、
仮にあなたがFの土地に家を建てるとしたら、
どのような要望をお伝えになるでしょうか。

この場合、一般的には出来るだけ多くの部屋を
南向きでつくりたいとお考えになると思います。
ゆえ、住宅会社はそれを実現すべく
そもそも2階建てありきで
間取りを組み立てようとします。

そして、その意図の通り
出来るだけ多くの部屋を南向きでつくり、
その部屋の南に大きな窓を
つくることになると思います。

しかし一見ベストな提案のように思える
この王道的な間取りも、
蓋を開けてみると大きな落とし穴が潜んでいます。

例えば、日当たり。
この土地で南向きに窓をつくるということは
イコール(=)家の中が丸見えになる
ということでもあります。

つまり、この間取りの弱点は、
プライバシーが担保されていない
ということなのですが、
これが様々な支障をもたらします。

まず、南向きの窓全てに
カーテンが必要となります。
視線を遮断するためにです。
そしてカーテンによって
光が遮断されてしまい
家の中が常に薄暗くなります。

それどころか、家の奥の方、
つまり北になればなるほど
もっと光が届かなくなり、
昼夜問わず照明をつけ続けて
おかないといけません。

つまり、明るいはずのお家が
暗くなってしまうという思いも寄らない現実を
突きつけられてしまうわけですが、
カーテンというアイテムは
明るさと同時に「開放感」をも奪ってしまいます。

カーテンが開けられない
ということは、
窓があることによって
感じられるはずだった
「抜け感」が感じられなくなる
ということでもありますからね。

vol.127simplenoteblog2.png

また、南向きの土地は
庭を道路に面してつくらないといけないため
庭も家の中同様に丸見えになってしまう
という弱点も持ち合わせています。

ゆえ、南にウッドデッキをつくっても
思っていたようには使うことが出来ない
という悲しい現実に直面します。

あるいは、どうしてもデッキを使いたい
とお考えなのであれば、
「目隠し」をつくるという手段を
百万円近いコストを捻出して行うか
の選択を強いられることになります。

そんなわけで、
間取りプランを考える時は、
周りの環境まで考慮した上で
考えなければいけないというわけですね。
本当に住み心地がいい家を建てるためには。

✔️一番の解決策とは?

では、この問題を解決するためには
一体どうすればいいのか?
それは、そもそも南向きの土地を買わないことが
実は一番の解決策だと考えています。

南向きの土地を買ったのに南に部屋を配置せず、
南に大きな窓をつけないというのは
きっと多くの方にとってハードルが高いからです。

プライバシーの担保と安定採光の
両方を実現するためには、
たとえどれだけ日当たりがいい
南向きの土地だとしても、
単純に南に部屋を配置し、
南に大きな窓をつくるという
単純なプランにはしませんからね。

そういう間取りは、
カーテンやシャッターといった
オプションもたくさん必要になるし、
確実といっていいほど外構工事にも
多額のコストが必要になるため、
土地だけじゃなく、家や庭代までも
高いものにしてしまいますからね。

そんなわけで、
これから土地選びをしようとお考えの方は、
この記事を参考にしていただき
出来れば南向きの土地は
避けていただければと思います。

南向きの土地にこだわらなければ
土地代も含めて家づくりのコストを抑えることが出来、
その分、ローンの負担を減らすとか、
より家具やインテリアにこだわっていただけますから!

それでは、また次回。

vol.126 プラン作成で最も大切な要素

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「プラン作成で最も大切な要素」です。

------
プランをつくるにあたり
お施主様の要望が大切なことは
もはや言うまでもありませんが、
それと肩を並べて大切なことが
土地の周辺環境がどうなっているかということです。

周辺環境も踏まえた上で要望をお聞きし
プランをつくるようにしないと、
プライバシーや採光に問題が発生し
外構工事代がグンと高くなるとか
カーテンが開けられなくなり
明るさや開放感を殺してしまうからです。

例えば、以下の図面は
全区画50坪に分割された新規分譲地ですが、

vol.126simplenoteblog1.jpg

この中で仮にBの土地に家を建てるとしたら
どのような間取りにされるでしょうか。

この場合、
道路から5〜6mぐらい距離を開け
駐車スペースを確保し、
少しでも光が入ってくるようにと
南から3〜4mぐらい距離を開けつつ
南向きにリビングを配置しながら
家を建てるのが一般的ですが、
正味の話、南に建つ家が2階建てだった場合
1階のリビングには
「冬」ほとんど光が入ってきません。

前に建つ家との間に
充分な距離が確保出来ていないため、
太陽高度が低い時期は
前に建つ家によって
光が阻害されてしまうからです。

また、このような建て方をした場合、
1階に寝室や子供部屋などの
個室をつくるのが難しいため、
それらは必然的に
2階に配置されることになるのですが、
そうなれば部屋の南面に突き出して
ベランダが設置されやすくなり、
そのベランダによってさらに光が阻害され
リビングの薄暗さに拍車をかけてしまいます。

西も東も家に囲まれているため
西や東から補助的に光を入れようとしても
建物によって光が阻害されるし、
窓のサイズを大きくしたとしても
隣家との距離が近いと
カーテンを開けることが出来ないため
結局、大して光が入ってきませんしね。

そんなわけで
周りが家に囲まれている土地で家を建てる場合は、
こういったことも考慮した上でヒアリングを行い、
懸念される事項の解決策とのバランスをとりながら
プランを作成していかないといけない
というわけですね。

一例としては、
どうしてもリビングを南に配置したいのであれば、
採光問題を解決するために
リビングに「吹抜け」をつくる
という手段が考えられます。

吹抜けをつくり、
より高い位置から光を採るようにすれば
1年中、前に建つ家によって
光を阻害されることがなくなるからです。

かつ、太陽高度が低くなる冬は
奥深くまで光が射し込んでくれるため、
北に配置されやすく暗くなりがちなキッチンも
明るくなりやすいし、
吹き抜けがあることによって抜け感が出るため
開放感も感じやすくなりますしね。

vol.126simplneoteblog2.jpg

また、「中庭」という手段も「吹抜け」同様に
1年中光を確保し続けることが出来る
とっても有効な手段となります。

「中庭」をつくるとなれば、
リビングは一番南ではなく
一番北に配置することになるため、
必然的に前に建つ家との間に
充分な距離が生まれるからです。

かつ、西や東に建つ家との間にも
充分な距離が確保出来るため
1日中安定的に光が入ってくるし、
家の真ん中から採光を確保出来れば
家全体に満遍なく光を届けられるので、
隣家との距離が近い外周面に
採光のための窓をつくる必要もないし、
間取りの自由度も高まりますしね。

いかがでしたか?
土地に合わせて間取りを考えることの
大切さについて「なるほど!」と
思っていただけたのではないでしょうか。

では、次回は、
この分譲地内のEの土地について
解説していきたいと思いますので、
ぜひ次回もご覧いただけたらと思います。

それでは、また次回。


vol.125 平屋の現実 その5

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「平屋の現実 その5」です。

------
共働きが多くなってきた今、
家事の負担を下げたいとお考えになる方も
多くなってきていると思います。

そして、その実現の手段として
「平屋」を推奨するのですが、
今回はその理由について
お伝えしていきたいと思います。

今回の内容も、
言われてみるとごく当たり前のことですが、
言われるまで案外気がつかないことなので、
ぜひ最後までお付き合いください。

vol.125simplenotebog1.jpg

まず平屋にすることで
圧倒的に負担が減ることが
洗濯の一連の動きです。

干すにせよ、取り込むにせよ、
たたむにせよ、片付けるにせよ、
全て平面移動だけで事足るからです。

2階建ての場合は、
上と下を行ったり来たりしないといけない
可能性がグンと高くなりますからね。

ただ、平屋の場合でも
注意しておかないといけないことが、
「干場をどこにするのか?」ということです。

家の正面に干すとなると、
他人から洗濯物が丸見えになるし、
隣家との間のスペースに干すにしても、
勝手口から外に出るとなると、
その往復だけでもけっこうな手間になりますからね。

人と会う可能性も考えると、
ノーメイクやパジャマのまま
外に出ていきにくいですしね。

また、室内干しにする場合でも、
それなりにスペースを確保しないと
ギュウギュウで洗濯物を干すことになり、
これがなかなか乾きにくくなる原因となり、
半乾きの臭いが発生しやすくなってしまいますしね。

そんなわけで、平屋にする場合
洗濯物をどこに干すのかを熟慮することが
大切かと思っている次第です。

vol.125simplenoteblog2.jpg

✔️片付け・掃除も楽になる

そして「平屋」にすることで
圧倒的に負担が減るのが片付けと掃除です。

片付けの負担が減る理由は、
全ての部屋と収納が同じ階にあるから。
つまり、子どもたちのおもちゃや学校道具を
自分の部屋に片付けておけるようになるし、
家族みんなの衣類なども各々の収納に
片付けておけるようになるからですね。

2階建ての場合だと、
子どもたちのおもちゃや学校道具を
毎日2階にある自分の部屋に
持ち運びするのはほぼ不可能だし、
衣類にしても
いちいち上に持っていくのが面倒になり
そのうちリビングやダイニングに
置きっ放しになってしまいます。

掃除に関しては、
片付けがしやすいことから
掃除をする前の一手間が減るから、
そしてワンフロアなので、
お掃除ロボットに昼間働いてもらうことができます。

そして、これに加えて
もっと掃除の手間が省ける方法が一つ。
それは、埃が貯まる場所を
最小限にする工夫をするということです。

例えば、幅木。
床と壁の取り合いのところに
つける部材のことです。
これに関しては、
従来のものよりも薄型のものが
製品として出ているので、
これを使うことを推奨しています。

また、ドアを天井の高さに合わせると、
ドア枠の上にたまる埃がなくなるし、
窓枠もなくしてしまえば、
窓枠の上にたまる埃もなくなります。
かつ、カーテンがいらないように
間取りを設計すれば、
カーテンレールにたまる埃もなくなるし、
カーテンの掃除をする必要もなくなります。

カーテンをなくすことが出来れば、
窓の数を最小限にすることが出来るし、
そうなれば窓掃除もずいぶんと楽になりますしね。

そんなわけでSIMPLENOTEの家は、
「間取りに一工夫を加えた平屋」を
オススメさせていただいているというわけですね。

いかがでしたか?

平屋は老後に良いとよく言われますが、
それは当たり前として、
実は子育て期間中こそ
「平屋が最強」なんじゃないかとよく思います。

間取りさえ間違えなければ、
便利なのはもちろんのこと、
超快適にも暮らせますしね。

というわけなので、
これから家を建てる方は、
平屋という選択肢も持ちながら、
家づくりに臨んでいただければと思います。

それでは、また次回。


vol.124 平屋の現実 その4

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「平屋の現実 その4」です。

------
「家の中の温度環境」という点でとらえると、
昔の家に比べて今のお家は
はるかに「快適」になりました。
「ガラス」も「壁」も
断熱性能が格段にアップしたからです。

その上、脱炭素の流れもあって
更に断熱性能の強化が進んでおり、
これから家を手に入れる方は、
暑さ・寒さに関しては
極上のものを手に入れることが出来るわけですが、
なおのこと「平屋」はその恩恵を多く受けられるんですよね。

では今回は平屋の快適性について
お伝えしていきたいと思います。

vol.124simplenoteblog1.jpg

まず冒頭でお伝えした恩恵を
平屋の方が多く受けられる理由についてですが、
これは極めて単純で部屋が上下階に分かれないからです。
つまり、2階建てに比べて空気が循環しやすいからです。

ゆえ、2階建てのお家で
上下階で生じる温度差をなくすために
よく設置している数百万もする
空調システムを設置する必要もなくなり、
その分コストも浮くことになるという
恩恵も享受出来ることになります。

そんなわけで平屋は、
「快適性」という点においても、
またコスト的な面においても
2階建てを凌駕するわけですが
とはいえ、ただ家の中の温度環境が優れているだけでは
充分に快適であるとは言えません。

✔️快適性の鍵は「プライバシーの担保」

巷では、いわゆる高性能住宅さえ建てれば
快適性が担保されたように言われていますが、
実際はそうではなく、快適性を語る上では
プライバシーの担保を外すことが出来ません。

例えば、南からの光さえたくさん入れられれば、
明るく快適な家になると
なぜが自然と思い込んでしまいがちですが、
そのために南向きの土地を買い、
南向きに部屋をたくさんつくり、
南にたくさん大きな窓をつくってしまうと、
一体どのような状況になるのでしょうか。

想像してみてください...
部屋の中に入ってき過ぎる直射日光が眩しすぎて
かえって居心地が悪くなりそうだと思いませんか?
テレビは見にくいわ、家具やインテリアが焼けるわ、
やたらと暑いわ、という状況になりますからね。

また、このような間取りは
他人から家の中が丸見えになるため、
カーテンなしでは
とてもじゃないけど家の中で落ち着いて過ごせません。

結果、当たり前のようにカーテンをつけ、
それを開けることは
窓を開けて換気をするわずかの時間しかありません。
また、眩し過ぎる直射日光が
カーテンだけで防ぎきれない場合、
シャッターまで下ろすことになります。

そして、家の中は当初の計画とは裏腹に
薄暗くなってしまいます。
それどころかキッチンや脱衣といった
明るくあって欲しい場所が照明なしでは使えないほど
暗い場所になってしまいます。

果たしてこのようなお家を快適だと言えるのでしょうか。
ゆえ、平屋で快適性を高めるためには、
プライバシーが担保された間取りを
つくることが必要不可欠なんですよね。
もちろんこれは2階建てのお家においても
同じことが言えますけどね。

この大切さは、
残念ながら多くの方が建てる前には気づかず、
建ててから気がつくことだと思います。

なので、これから家を建てる方は
すでにお家を建てた方の家に一度お邪魔させていただき、
実際暮らしてみてどうなのかと
実際家の中は明るいのかなどを
その目で確かめてから間取りについて
考えていただくことをオススメします。

快適性の鍵は確実にここにあるはずですから。
それでは、次回。

vol.124simplenoteblog2.jpg

vol.123 平屋の現実 その3

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「平屋の現実 その3」です。

------
前回、前々回と建築コストはもちろん
土地コストも外構コストも上げずに
平屋を建てる方法についてお伝えさせていただきましたが、
SIMPLENOTEの家が平屋を推す理由は
製品の良さを語る上で欠かせない
「安全・快適・便利」の3要素全てに
非の打ち所がないからです。

というわけで、
ここからはこの3つの要素についての
具体的な説明をしていきたいと思います。

言われてみると
ごく当たり前なことばかりなのですが、
言われるまで案外気づかないことでもあるので、
引き続きお付き合いいただけると幸いです。

まず「安全」ということから
お伝えしていこうと思うのですが、
これは大きく分けると
「耐震」と「防犯」という2つの要素があります。

vol.123simplenoteblog1.jpg


✔️最も大切な構造の安定

「耐震」に関しては、
2階建てに比べて平屋が強いのは
「言わずもがな」ではないでしょうか。

地震が起こった時も
2階建てより揺れを感じにくいし、
トラックやバスといった
大型車が家の前を通った時も
2階建てのように揺れを感じないし、
台風時に強烈な風を受けたとしても
2階建てのように揺れを感じませんからね。

理由は、平屋は重心が低く構造が安定しているから。
2階建てのように上からの荷重が大きくないから。
かつ、2階建てのように
壁のバランスが「ちぐはぐ」になりにくいからです。

なんせ2階建てのお家は
2階に細かく部屋をつくるのに対し、
2階を支える1階には大空間のLDKをつくるため、
上下階の壁量バランスが悪くなりやすい上、
充分な採光を確保したいLDKには大きな窓を設置するため、
さらに2階を支える壁が減ってしまうわけですからね。

かつ、採光を確保した南面に大きな窓をたくさんつくる反面、
冷気の侵入を防ぎたい北面には窓をほとんどつけないため、
壁のバランスもより「ちぐはぐ」になりやすいですしね。

そんなわけで
こういった耐震を悪くしてしまう要素が少ない平屋は、
そもそも構造的に優れているわけですが、
これは大きな地震の時に
家族や自分の命を守るだけじゃなく、
他にもメリットをもたらしてくれます。

例えば、天然で構造が安定していれば
2階建てのように「制震ダンパー」を設置することによって
頼りない耐震性を補強する必要がありません。
結果、40〜50万円ほどかかる
余分なコストを払う必要がありません。

また、大型車両の通行や強風を原因とする
日常的な振動をほぼ感じることがなく、
耐震性が劣化しにくいというのも
平屋ならでは、の特徴ではないでしょうか。
つまり、高い耐震性が継続してくれるため
必然的に耐久性も高くなるというわけですね。

vol.123simplenoteblog2.jpg


✔️安全性に欠かせない防犯の高さ

そして安全性を語る上で
もう1つ大切な要素が「防犯の高さ」だし、
とりわけ平屋となると
2階建て以上に神経質になるべきところが
この防犯性だと思うのですが、
これを実現するためには
自分たち以外の人に間取りを判別されない家にすることが
最良の手段ではないでしょうか。

窓の形を見ただけで間取りが分かってしまうとか、
電気がついているかいないかで
どこにいるかが分かってしまうとなると、
決して防犯性が高いとは言えないし、
その対策としてセコムやアルソックといった
警備会社のシステムをつけるという選択もありますが、
これも余分なコストが必要になってくるし、
塀や目隠しなどによって防犯性を高めるという方法も
その効果に見合わないぐらい
莫大なコストだけがかかるだけですからね。

ゆえ、SIMPLENOTEの家は
窓の形を見ただけで間取りが分からない家を
提案させていただくようにしているし、
どの部屋の電気がついているのかも
全く分からないようになっています。

結果、セコムやアルソックといった
警備会社のシステムを設置する必要もなければ、
塀や目隠しといった無駄にコストが上がる工事も
全く必要ありません。
かつ、家の外観もスッキリしお洒落なお家になります。

これが高い安全性を実現するために
設計で配慮しているポイントですね。

では「安全」についての説明はここまでにして、
次回は「快適」についてお伝えしていきたいと思います。
快適性の関しても「言われてみると確かに」
というところがあるので
次回もまた読んでいただけると幸いです。

それでは、次回。


vol.122 平屋の現実 その2

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「平屋の現実 その2」です。

------
平屋は2階建てに比べて
面積を小さくしやすいことから、
実質2階建てと同じぐらいか
あるいは安く建てることも出来るので、
「平屋の建築が可能な土地である場合
前向きに平屋を考えてください」
というお話を前回させていただきました。

しかし、平屋には平屋なりの懸念点がいくつかあり、
当然それらをクリアしないと
かえってあまり良くない家に
なりやすかったりするのも事実です。

というわけで今回は
「平屋の懸念点とその解決方法」
についてお伝えしていきたいと思います。

平屋を建てるにあたり懸念されることの一つが、
「家の中に光が届かない暗いスペースが出来やすい」
ということです。

平屋の場合、家の大きさによっては
採光が確保出来る外周面に
接しないスペースが出来やすいからです。

ゆえ、暗いスペースをつくらないようにするために、
外周面からの採光量を増やそうと窓の数を増やしたり、
サイズを大きくしたりするのですが、
この作戦は新たな問題を引き起こします。

プライバシーと防犯の問題です。
窓を大きくすれば外から家の中が丸見えになるからです。

結果、今度はそれを防御するために
カーテンやシャッターを全ての大きな窓に
設置することになるのですが、
これがまた家の中に暗いスペースをつくってしまう
という問題を再び引き起こします。

カーテンをしていても
窓の近くは光が入ってくるのでそれなりに明るいものの、
その光が奥の方まで拡散していきにくいからです。

また、採光を確保するためには
隣に建つ建物から充分な距離が必要となるのですが、
単純に2階建ての倍近い建坪が必要な平屋だと
それなりに土地を広くしないとそれもなかなか実現出来ません。

ゆえ、20〜30坪ほど土地を広く購入せざるを得なくなり、
土地代に数百万円余分にお金がかかり、
さらに外構工事費までも数百万円余分にかかることになります。

外構工事費が余分にかかるのは、
単純に工事面積が増えてしまうだけじゃなく、
プライバシーと防犯問題を解決するための
工事もそれなりに必要となるからです。

要するに平屋は家の価格は上がらずとも、
土地と外構の価格が上がってしまうため
結局、予算が高くつきやすいというわけですね。

vol.122simplenoteblog1.jpg


✔️土地も外構も予算を上げない方法

この問題を解決するためには、
光の採り方を工夫するしかありません。

例えば、家の真ん中から光を採り、
真ん中から隅々まで拡散するように間取りを設計すれば、
家の中に暗いスペースが生まれることはありません。

外周から光を採れば、
それに伴って他人の視線まで入ってきてしまうのに対し、
家の中に外をつくりそこから光を採るようにすれば、
他人の視線は完全にシャットアウト出来るため、
カーテンをする必要がなくなるからです。

そして、採光が安定すれば
外周部からは光を採る必要がなくなるので、
風を抜く程度の小さな窓だけ設置すれば
それだけで機能的にも事足ります。

結果、プライバシーや
防犯の問題も完全に解決出来ます。

また、家の真ん中から光を採るということは
「=全ての方位で隣の建物から充分な距離が確保出来る」
ということでもあるので、
敷地いっぱいに家を建てても
家の中が暗くなる心配もありません。

結果、土地を無駄に広く買う必要もなくなるというわけです。
かつ、外構工事にも余分なコストをかける必要もなくなる
というわけです。

vol.122simplenoteblog2.jpg

いかがですか?
口頭だけの説明では少し分かりにくいかもしれませんが、
なんとなくはご理解いただけたでしょうか。

もしこんなお家をご覧になりたいと思っていただけたなら、
いつでもお家を見ていただけるので、
お気軽にご連絡いただけたらと思います。

それでは、また次回。

vol.121 平屋の現実 その1

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「平屋の現実 その1」です。

------
「平屋は高い」というイメージがあることから、
ホントは平屋にしたいのに
最初から諦めている方も決して少なくないと思います。

実際、2階建てのお家に比べて
価格に割高感があるのは確かだし、
原材料費の値上がりによって
なおその肌感覚が強くなっているような気もします。

しかし、感覚的ではなく論理的に考えてみると、
実のところ平屋と2階建てとの間には、
そう大きな価格差が生まれるわけではないので、
その理由について今回はお伝えしていきたいと思います。

これをご理解いただき、
平屋の建築が可能な土地であれば、
平屋を前向きに考えてみてください。

結論から申し上げると、
平屋が高くなり過ぎないのは
「2階建てに比べて面積を圧縮出来るから」ですが、
ではなぜ平屋は2階建てに比べて
面積が圧縮出来るのでしょうか?

vol.121simplenoteblog1.png


✔️2階建てにあって平屋にないもの

まず考えていただくところがこれです。
例えば「階段」。
2階建てには100%必要で、
平屋には100%不必要なスペースです。
実は階段は上下階合わせると2坪(=4帖)必要なので、
これがなくなればその分家はコンパクトになりますよね。

続いてが「トイレ」。
これも2階建ての場合は、
上下階ともに必要となりがちですが、
平屋になれば基本1つでいけますよね?
(2つ欲しいという方もありますが)
となると、1帖(=0.5坪)分、
さらに家をコンパクトにすることが出来ます。

まずはこれが、面積が圧縮出来る要素ですね。
このほか平屋は2階建てに比べて
「廊下」を少なくしやすいので、
設計によってはさらに面積を圧縮出来たりします。

vol.121simplenoteblog2.jpg


✔️2階建てと平屋の決定的な違い

平屋と2階建てには違いがいくつも存在しますが、
その中でも僕自身が決定的に違うなと感じるところが
「家の使いやすさ」です。

2階建ては、
掃除にせよ、片付けにせよ、洗濯にせよ、
上と下とを行ったり来たりしないといけないのに対し、
平屋の場合はすべて平面移動だけで事が足りるからです。

また、当たり前のことですが
平屋は子ども部屋も1階にあるため、
2階建てに比べて圧倒的に
子ども達が自分の部屋を使いやすくなります。

結果、リビングに散乱しがちな
子ども達の勉強道具や遊具などを
自分達の部屋に片付けやすくなるし、
衣類なども同様ではないでしょうか。

そんなわけで何が言いたいのかというと、
子ども部屋と寝室以外の
余分な部屋をつくる必要がないということです。
2階建ての場合にかなり高い確率でつくる
「客間」的な意味合いが強い部屋のことですね。

2階建ての場合は、
子ども達が小さいうちの「収納的」な意味合いと、
親御さんが泊まりに来た時の「寝所的」な意味合いと、
やがて迎える老後の「寝室的」な意味合いを兼ねて
つくらざるを得ませんからね。

そんなわけで、平屋にすると決めた時点で
この部屋代は丸々浮くと考えていただいて支障はないと
思っている次第であります。
4.5帖〜6帖(2.25坪〜3坪)といったところでしょうか。

いかがでしたか?

こうやって冷静に考えてみると
実は、平屋は2階建てに比べて
ずいぶんと面積を圧縮することが出来るため、
2階建てとそう変わらないか、
あるいは安く建てることが出来たりするんですよね。

ただ、平屋の場合は間取りのつくり方が
2階建て以上に難しいのもまた一つの事実なので、
次回は「平屋の懸念点」について
お伝えしていきたいと思います。

それでは、次回。

vol.120 適切な土地面積を知る方法 2階建て編

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「適切な土地面積を知る方法 2階建て編」です。

------
過去3回に渡り「平屋」を建てることを前提として、
自分がどれくらいの広さを求めているかを
具体的に数字にしていただいたのですが、
家の広さをご理解いただくと共に、
必要な土地の広さもご理解いただけたのではないかと思います。

ただ、たとえ空前の平屋ブームが訪れているとはいえ、
みんながみんな平屋を求めているわけじゃないし、
全ての地域で平屋を建てることが出来るわけではないので、
今回は「2階建てバージョン」でお伝えしていきたいと思います。

イメージとしては、
土地面積が45坪未満だと
2階建てになってしまうかなと考えているので、
前回までとはちょっと角度を変えて、
45坪の土地ー(余白10坪+駐車場スペース13.5坪(4.5坪×3台)
+デッキスペース3坪)=18.5坪が1階部分となる
2階建てのお家がどんな感じになるのかについて
お伝えしていきますね。

vol.120simplenoteblog2.jpg


✔️18.5 坪=37帖の1階部分

それでは、玄関から一つ一つ考えていってみましょう!
まず外玄関に1帖、内玄関と玄関ポーチにそれぞれ1帖ずつ、
そして土間収納に1帖の合計4帖必要だとすると、
残りは33帖になりますよね。

続いて、水回りです。
トイレは1つで1帖、お風呂は1坪タイプで2帖、
洗面スペースに1帖、
脱衣スペースに2帖必要だとしたら
水回りの合計は6帖になりますよね。
そして、残りは27帖ということになります。

では続いてLDKです。
対面式のキッチンに4人掛け(90cm×150cm)の食卓を置き、
3人掛けのソファー(80cm×200cm)を置く場合、
ちょうどいい広さは16帖なのですが、
このLDK内に階段をつくるとしたら
階段スペースを加算しないといけないので、
2帖をプラスした18帖が
LDKスペースとして必要な広さとなります。

というわけで、
27帖から18帖を差し引くので残りは9帖となります。

vol.120simplenoteblog1 .jpg


✔️2通りの考え方

では残り9帖では
どのようなスペースをつくることが出来るのか?

考え方の1つは、
寝室と収納を1階につくるということです。
仮にセミダブルベッドを2台置くとか、
シングルとダブルを組み合わせるとか、
あるいは布団を敷いて寝るのであれば、
寝室は6帖あれば充分なので、
残りの3帖は収納スペースとして確保することが出来ます。
そして、子ども部屋+@を2階に持っていくという感じですね。

もう1つの考え方は、
寝室と収納を2階につくり、
子ども部屋を1階につくるということです。
9帖ということは4.5帖を2室つくるイメージですね。

この場合、
1階に充分な収納をつくることが出来ませんが、
子ども部屋が1階にあるため、
子ども達のものや常時着用する衣類などは
この部屋に置いておくことが出来ます。

ゆえ、この部屋さえ有効活用出来れば、
LDKがそう散らかることもないのではないでしょうか。

子ども達だって親の気配が感じられない2階より
親の気配どころか姿まで見ることが出来る1階の部屋の方が、
自分の部屋を使いやすいでしょうしね。

ただこの考え方の中には
廊下が含まれていないので、
プライバシーも考えて廊下が欲しいと思っている方なんかは
また違った考え方をすることになります。

いかがでしたか?
なんとなくイメージしていただけたでしょうか。

今回は、分かりやすく
説明させていただくために
土地の広さから逆算して考えてみたのですが、
土地を探す時は、どんな家にしたいかを
ある程度明確にした上で必要な土地の広さを算出する
という流れになるかと思います。

なので、土地を探す前に
まずは自分が建てたい家や広さを
ある程度明確にしていただくために
ぜひこの考え方を覚えておいていただけたらと思います。

それでは、次回。

vol.119 適切な土地面積を知る方法 続々編

こんにちは。
お家づくりコラム、本日のテーマは「適切な土地面積を知る方法 続々編」です。

------
前回、前々回と
適切な家の広さを把握していただくために、
玄関回り・LDK・水回り・収納
について考えていただきましたが、
ある程度明確な数字は出てきたでしょうか?

そして今回は締めくくりとして
寝室や子供部屋などの「個室」について
考えていくつもりなのですが、
今回が終わった時点で
必要な家の広さが明確に分かることになるので、
ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

「個室」の広さを知るにあたっては、
そこに何を置くのかが重要な点となるので、
何を置くつもりなのかをぼんやりと想像しながら
考えてみてください。

vol.119simplenoteblog1.jpg


✔️寝室=寝るだけの部屋?

寝室の広さを知る上でまずお聞きしたいことが
ベッドで寝るのか?それとも布団を敷いて寝るのか?
ということ、
そしてベッドで寝る場合
どのサイズのベッドをどう配置するのか?
ということです。

ベッドの選択肢としては
シングル・セミダブル・ダブル・クイーン
の4種類が考えられますが、
長さは全て2mが標準的なものの、
標準的な横幅はシングルが90cm、セミダブルが120cm、
ダブルが140cm、クイーンが180cmとまちまちなので、
ベッドで寝ようとお考えの方は
どのベッドをどのように置くかを考えてみてください。

また、寝室にベッド以外のものを置く予定があるのかも
広さを考える上で必要な情報となります。
ドレッサー、チェスト、テレビなどを
置く予定があるかどうかですね。

では、寝室にはベッド以外なにも置かない、
そしてベッドはセミダブルを2台並べて置くという場合、
どれくらいの広さが必要なのでしょうか。

この場合、120cm×2台となるので
ベッドが占領するスペースは
240cm×200cmということになりますが、
これが入る広さは一体どれくらいでしょうか。

4.5帖=260cm×260cm
6帖=351cm×260cm
7.5帖=442cm×260cm
8帖=351cm×351cm
9帖=533cm×260cm
10帖=442cm×351cm

さて、あなたなら
どのサイズをお選びになるでしょうか。
この場合、4.5帖では流石に厳しいので、
6帖以上ということになりますよね。

というわけで、
以上の内容やサイズなどを考慮しながら
寝室の広さを算出してみてください。

基本的には寝室はただ寝るだけの部屋なので、
必要最小限でいいとは思っています。
家の広さはコストに直結するからです。

vol.119simplenoteblog2.jpg


✔️子ども達はいつか出ていくもの

続いて、子ども部屋について考えてみましょう。
子ども達は遅かれ早かれ出ていくものなので、
この部屋もまた必要最小限でいいと思っています。

また、親の気持ちとしては、
子ども部屋は人数分つくってあげたいと思うのですが、
部屋を増やせばその分コストがアップするので、
部屋を増やしたいなら一つ一つの部屋を小さくするか、
部屋を小さくするのに抵抗があるなら
部屋数を最大2つにするのがいいと思っております。

というわけなので、
先程の寝室同様にどんな家具を置くのかを想像しつつ、
先程記載させていただいた部屋の広さを参考にして、
また前回の収納のことも考慮しつつ
広さを考えてみていただければと思います。

いかがでしたか?

この他「書斎」が欲しいというご主人や
「ランドリールーム」が欲しいという奥さま
もいらっしゃると思うので、
その場合はここまでで出てきた数字に
2帖もしくは3帖を足していただけたらと思います。

また間取りのご要望や立地条件によっては、
1帖もしくは2帖程度の廊下が
出来てしまうこともあるかもしれないので、
この段階ではその数字も加算しておいてください。

そして、ここまでの内容を網羅していただくと
最低限必要な広さがお分かりいただけると思うので、
ぜひ出てきた数字を前々回の冒頭の式に当てはめてみてください↓
「家の周囲(10坪)+車1台(4.5坪)×台数
+家の1階部分の面積+デッキの広さ」

これで導き出された数字が
あなたが選ぶべき土地の広さということです。
それでは、また次回。