心揺さぶられた東日本大震災

創和ハウジングとして個人のお客様から請ける仕事も順調に増え、
忙しい日々を送っていたある日のこと。

横須賀市大津町での仕事を終え、
現場を離れた直後でした。


東日本大震災


すぐに現場に戻ると、
停電はしていたものの大きな被害はなく、
ほっとしたのもつかの間。

ニュースで流れる大津波の映像......

次々に目に飛び込んでくる惨状......

理由をはっきりと言うことはできないのですが、
なぜだか居ても立っても居られなくなり、
地震からまだ日が浅いうちに仙台へ向かっていました。


寸断された道路

崩れ落ちた橋

池のような水溜まり

倒壊した建物

どこからか流されてきた家々

路上に重なり合った船

漂う異臭

舞う土ぼこり


それまで見たことのない景色が目の前に......

とにかくやれることをとボランティア活動に参加。

徐々に復旧復興へ向けて、
周りが動き始めると、


もっと自分にできることは無いのか......


そう考えるようになりました。

2拠点生活から移住、そして現在へ

考えが行き着いた先、それは、


自分には建築の技術も知識もあるのだから、
きっとそれが役に立つはずだ


私は建築現場を手伝うことを胸に決めました。

仙台でアパートを借り、
横須賀から一緒に来た職人達と雑魚寝をしながら、
仙台の業者の方達と共に働きました。

材料不足で止まっていた横須賀の現場も動き始め、
私は週の半分を仙台、
もう半分を横須賀と行ったり来たりの生活。

行きも帰りも夜行バスという生活が、
何年も続きました。

仙台の人達はとてもやさしく、環境も良かったので、
いつの間にか私と妻も仙台が気に入ってしまい、
当時まだ1歳だった長男と妻の3人で、
家族の拠点を仙台に移しました。

現在は横須賀に戻っていますが、
13歳になった長男は仙台の生活の方が長く、
故郷が2つあるという感じでしょうか。

仙台には大学や専門学校などが多く、
また企業の支店も多いため、
東北六県はもとより、
全国からも大勢の人が集まり、
賑わいのある町です。

私は復興に向け取り組みながらも
2013年には仙台支店を設立し、
地元の大工さんや協力業者の方たちと共に
新たな建築の需要にも対応して参りました。

気が付けば、仙台にきて11年経過しました。

私は、横須賀と仙台を年に50回くらいは往復しますので
もう、550回以上になります。

仙台でこれまでに40棟の新築事業に携わってきました。
そしてこれからも この仙台で出会った方たちと共に、
仙台を盛り上げていきたいと思っております。

大吉ホームに込めた願い

東日本大震災を通じて、
住まいの大切さを身にしみて感じました。

家とは、


大切な家族を守るもの


私は震災前から要望があれば新築も手掛けていましたが、
住宅リフォームや店舗リニューアル、
事務所や工場等の改修工事などが主でした。

リフォームや改修工事は、
建物を解体しながら進めていくのですが、
なかには壁や床の中の見えないところに、
手抜き工事や施工ミスなどを発見することもあります。

一生に一度の高い買い物をして、
悲しい思いをする人がいてはいけない。


自分たちの手で、本当に安心・安全な住宅を提供したい。


そんな想いが強くなり、
本格的に新築工事を手掛ける


自然素材 × 健康住宅の 『 大吉ホーム 』


をたちあげようと決意しました。

私たちのご提供する安心・安全な住宅とは、


目に見えなくなる部分まで誠実に取り組むことで
『 地震に強く、耐久性の高い家 』を実現する。


そしてそれは、
高性能で高品質、そして高価格の
ハウスメーカーのようなものではなく、
住宅としての品質を下げず、
耐震性や断熱性能を充分に満足して頂き、
さらにお手頃な価格でご提供したい。

そんな想いで丁寧に事業計画を立て、
システムキッチンやシステムバスルームなどの
メーカーや 窓サッシメーカーなどと交渉を重ね、
協力業者の方たちにも 粘り強く協力のお願いをし、
非常に長い時間が掛かりましたが、
お客様に満足して頂ける商品開発に成功しました。

最初にご注文頂いたのは 以前より仕事で
お世話になっていた社長様。 

大工時代からの仕事を見てくれている方で、
喜びも格別でした。

お客様の考え方や好みは様々、
間取りや設備、耐震性能から断熱性能、
シックハウスやアトピーなどでお悩みの方、
そんな思いに私は大工としての経験を活かし
悩みに寄り添い解決していきたい。

そして楽しい家づくりを実現し、
共につくりあげていきたいと思っております。

そして、


私の大工の経験は、ハウスメーカーの営業さんにはない
私の強みでもあります。


木造住宅のすみからすみまで知り尽くしている私に
なんでも質問してください!

家を建てよう! でもなにから手を付けていいものやら、、、
そんなお客様の為に、家づくりの無料相談会を実施することにしました。


家づくりで失敗してほしくない!


本来、家づくりとは大きな買い物で、それは楽しいはず。

だけど、何度も経験できるはずもないその大きな買い物は
知らない事ばかりで不安や疑問がいっぱい。

資金計画や土地探し、もちろん住宅のこと、なんでもご相談ください。

『 自分たちの手で、本当に安心・安全な住宅を提供したい! 』

そこから現在も続く私たちの大切なミッション、


『大工ならではの目線で、お客様と二人三脚の家づくり』


が生まれました。

大工として長年経験を積み磨いてきた「職人の技」と「知識」を活かし、
お客様との対話から大切な想いをくみ取り、共に夢をカタチにした住まいを
つくり続けていきます。

25歳で立ち上げた 『金木建築』 から 創和ハウジング、そして 『大吉ホーム』 へ
24年の月日が流れました。

私たちの家づくりも時代に合わせて少しずつ変化していますが、
ずっと変わっていないことがあります。

それは 「家づくりにかける想い」です。


家とは、家族を守るもの。
その家づくりを通して、家族の笑顔をつくる。


私たちはお約束致します。

楽しい家づくりをご提供すること、
そして笑顔あふれる暮らしを願い、
モノづくりの技術や最新の知識を学び続け、
常により良いものをご提供できるよう邁進致します。

お客様の想いと理想の住まい実現を叶えるため
日々研究し、成長し続けたい。

大吉ホームはそんな会社です。


株式会社創和ハウジング 代表取締役 金木貴史

    施工実績

    お客様の声

カタログ請求

  • 施工実績
  • お客様の声