2024年1月30日

エネファーム

対象機器の詳細それぞれの性能要件を満たし、補助対象製品として登録されたものが補助対象になります。
なお、エコキュートとハイブリッド給湯機については、本事業の補助対象とならない製品でも、子育てエコホーム支援事業にて補助が受けられる場合があります。

エネファーム都市ガスやLPガス等から水素を作り、その水素と空気中の酸素の化学反応により発電するもの。
エネルギーを燃やさずに直接利⽤するので⾼い発電効率が得られます。
また、発電の際に発生する排熱を回収し、給湯器としての役割も果たします。enefarm_sikumi.png

基本要件・補助額性能要件
一般社団法人燃料電池普及促進協会(FCA)が公表する登録機器リストに登録されている製品を対象とします。
対象製品の性能の詳細はこちら

2025年度⽬標の区分2025年度
⽬標基準値
区分名想定世帯貯湯缶数貯湯容量仕様
A
少人数


一般地3.0
B寒冷地2.7
C





標準





一缶

320L未満
一般地3.1
D寒冷地2.7
E320L以上

550L未満
一般地3.5
F寒冷地2.9
G
550L以上
一般地3.2
H寒冷地2.7
I
多缶
一般地3.0
J寒冷地2.7

補助額

18万円/台


加算要件・補助額加算要件

C要件ネットワークに接続可能な機種で、気象情報と連動することで、停電が予想される場合に、稼働を停止しない機能を有するものであること。


補助額(加算額)

C要件 +2万円/台


戻る

ハイブリッド給湯機

対象機器の詳細それぞれの性能要件を満たし、補助対象製品として登録されたものが補助対象になります。
なお、エコキュートとハイブリッド給湯機については、本事業の補助対象とならない製品でも、子育てエコホーム支援事業にて補助が受けられる場合があります。

ハイブリッド給湯機ヒートポンプ給湯機とガス温水機器を組み合わせたもの。
ふたつの熱源を効率的に⽤いることで、⾼効率な給湯が可能です。hybridkyutoki_sikumi.png

基本要件・補助額性能要件

  • 熱源設備として電気式ヒートポンプとガス補助熱源機を併⽤するシステムで、貯湯タンクを持つ機器であること。
  • 一般社団法人日本ガス石油機器工業会の規格(JGKAS A705)で、年間給湯効率が108%以上のものであること。
  • 補助額

    10万円/台


    加算要件・補助額加算要件


    A要件インターネットに接続可能な機種で、昼間の再エネ電気を積極的に自家消費する機能を有するものであること。
    B要件補助要件下限の機種と比べて、5%以上CO2排出量が少ないものとして、以下の要件に該当するものであること。
    (一般社団法人日本ガス石油機器工業会の規格(JGKAS A705)に基づく年間給湯効率が116.2%以上のものであること。)

    補助額(加算額)

    A要件 +3万円/台
    A+B要件 +5万円/台
    B要件 +3万円/台

    戻る

    ガラス交換

    対象工事の詳細リフォーム工事を行う窓ごとの補助額は、以下の要素①~③により変わります。
    性能区分とサイズに関しては、対象製品に対してメーカーが発行する「性能証明書」に記入されています。

    ※本事業の補助対象にならない製品、工事であっても、子育てエコホーム支援事業の補助対象になる場合があります。
    (同一製品について、複数の補助事業を重複して申請することはできません。)
    ※「ドア(ドアに対する内窓を含む)交換」については、他の窓の工事と同一の契約であり、同時に申請する場合のみ、本事業の補助対象となります。

    jutakusyoene2024_mado_taisyokoji_yoso_glass.png

    ガラス交換
    内窓設置
    外窓交換 カバー工法ドア交換 カバー工法
    外窓交換 はつり工法ドア交換 はつり工法


    ガラス交換本事業における「ガラス交換」とは、
    既存窓のガラスのみを取り外し、既存サッシをそのまま利用して、複層ガラス等に交換する工事をいいます。
    同じガラスであっても、既存サッシとの組み合わせにより、窓の性能区分が変わります。

    ※格子枠(ガラス+フレーム)のみを交換し、枠を交換しない、または新たに設置しない工事は、ガラス交換として取り扱います。
    ※ドア板の一部を構成するガラスを交換しても、本事業のガラス交換に該当しません。

    jutakusyoene2024_mado_glass.png


    性能と補助額についてガラス一枚当たりの補助額は以下の通りです。
    なお、複数のガラスで構成された開口部は、交換したガラスの枚数に応じた金額を補助します。

    ※建て方の違いによる補助額の違いはありません。
    mado_icon01.pngmado_icon02.png

    窓の性能区分
    【Uw】
    ガラスのサイズ
    <面積>
    大(L)
    <1.4㎡以上>
    中(M)
    <0.8㎡以上、1.4㎡未満>
    小(S)
    <0.1㎡以上、0.8㎡未満>
    極小(X)
    <0.1㎡未満>
    P(SS)
    【1.1以下】
    55,000円34,000円

    11,000円11,000円

    【1.5以下】
    36,000円24,000円7,000円7,000円

    【1.9以下】
    30,000円19,000円5,000円5,000円

    【2.3以下】
    0円0円0円0円

    ガラス交換用製品の種類ガラスは、お使いの窓の状況により、以下の種類に分類されます。
    いずれのガラス製品の性能証明書にも、ガラスの性能を表す「グレードコード」が記載されており、既存のサッシとの組み合わせにより、窓の性能区分が決まります。
    サッシの性能は「木製・樹脂製」>「金属とその他素材との複合」>「金属製」です。

    汎用ガラス一般的なガラス交換用の製品で、お使いのサッシのサイズに合わせて加工され、取付されます。
    お使いの「木製・樹脂製」、「金属とその他素材との複合」または「金属製」サッシとそれぞれ組み合わせることができます。

    【グレードコード】 (高)GA,GA2,GB,GC,GD,GE,GF,GG,GH,GI,GJ,GK,GL,GM,R6(低)
    リフォーム
    専用ガラス
    お使いの「金属製」サッシに付属する単層(1枚)ガラスを、複層ガラスに交換する際の製品です。
    アタッチメントが付いた製品や薄型の複層ガラス製品があり、交換が容易です。
    【グレードコード】 (高)R1,R2,R3,R4,R5,R6(低)
    二重窓
    リフォーム品
    お使いの二重窓(内窓と外窓がある状態)のどちらかのガラスを交換する際の製品です。
    お使いの「木製・樹脂製」、「金属とその他素材との複合」または「金属製」サッシとそれぞれ組み合わせることができます。
    【グレードコード】 (高)WA,WB,W1,W2,W3,W4,W5,W6,R6(低)
    ※それぞれのグレードコードにそれぞれ末尾にSが付く場合も、Sがない製品と同等の性能です。 (断熱等性能に加えて、防災性能も有する製品です)



    補助対象にならない例× ドアにつくガラスのみの交換
    本事業における「ドア」とは、​住宅の外皮部分にある開口部に設置する建具のうち、屋外から施錠できる建具をいいます。
    jutakusyoene2024_mado_glass_ng.png

    戻る

    • イベント
    • ラインナップ
    • ギャラリー
    • リフォーム施工例

    カタログ請求

    • カタログ請求
    • 会社案内